格安スマホと格安SIMの比較情報サイト SIMフリーナビ

格安SIMのデメリットは?

格安SIMが大手キャリアと異なるのは、まず第一にキャリアメールが無い事
今まで使っていた@docomo.ne.jpなどのキャリアメールも使えなくなります。
代替手段として、ほとんどのユーザーはGmailなどのフリーメールを使っています。
これはPCメールと同等なので、慣れてしまえば携帯専用メールよりも使い勝手が良く、パソコンとも同期できますから便利になると思います。
もちろんキャリアメールと同様に着信チェックも可能です。

第二に、サポート体制の違いがあります。
大手キャリアのように全国各地にショップがあるわけではないので、何かトラブルがあったり疑問に思うことがあった場合は、基本的に電話やメールでMVNOのサポートセンターに連絡することになります。
特にスマホが故障してしまった場合などは、代替品は郵送ということになりますから、若干日数がかかる場合があります。

第三は通信速度です。
データ通信が場所や時間によって遅くなる場合があります。
これはMVNOがキャリアから回線を借りている仕様上しかたのないことなのですが、MVNOによってはユーザー数が回線容量を圧迫して遅くなっているケースもありますので、できるだけ速い速度のMVNOを選ぶことをお勧めします。
通話に関してはキャリアと同等と考えて良いと思います。
たとえばauからドコモ系格安SIMに乗り換えたら通話品質が良くなった等の報告もあります。

第四に、格安SIMや格安スマホの契約にはクレジットカードが必要な場合がほとんどです。
これに関してはVISAデビットカードや口座振替に対応しているMVNOもありますので、そちらを参照してください。

さらにLINEについて。
SIMフリースマホでLINEを新規登録するとID検索ができません。
今までの登録内容を引き継ぎたい場合は、必ず事前準備をしておきましょう。

↑ PAGE TOP