格安スマホと格安SIMの比較情報サイト SIMフリーナビ

格安SIMの導入手順

MVNOを選ぶ

MVNOは価格競争が激しいことから、どこも利用料金は低く抑えられています。
ですので選ぶべきポイントは、外出先でどれだけインターネットを見るか、また、実際のスピードはどうか手持ちのスマホは使えるかといった点にしぼられてくると思います。
これを踏まえた上で、各社のプランを比較するようにしましょう。

外出先でどれだけインターネットを見るか

格安SIMのプランは、主にデータ通信量によって決められています。
月間の通信量が2GB以内ならこのプラン、3GB以内ならこのプランという具合です。
では自分は実際どれくらい使いそうなのか?
各キャリアが用意している通信量確認サイトを利用すれば、それを調べることができます。

ドコモ
dmenuにアクセス→「お客様サポート」→「ご利用データ量確認(当月分)」→ネットワーク暗証番号入力(spモード接続中)またはdocomo IDでログイン(spモード以外)

au
auスマートパスにアクセス→「お客さまサポート」「昨日までの利用料金 / データ通信料の確認」→au IDでログイン→「月間利用ギガバイト数の内訳はこちら」

ソフトバンク
My SoftBankにアクセス→「契約内容の確認」→「データのご利用状況を確認する」

実際のスピードはどうか

これは実のところ日々変化しています。
MVNO各社が設備を増強することによって速度がアップすることもあれば、契約者数が増えることで帯域が圧迫されて速度が落ちることがあるからです。また、地域によっても異なります。
契約前であれば、クチコミサイトをチェックしたり、大元の回線業者の速度を参考にしたりするしかありません。

支払い方法はクレジットカードが主流

ほとんどのMVNOが支払い方法にクレジットカード決済を指定しています。
デビットカードは不可という表記も見られますが、スルガ銀行やジャパンネット銀行のVISAデビットはほとんどのMVNOで使用が可能です。
また、OCNなど口座引き落としに対応しているところもあります。

手持ちのスマホは使えるか

現在、多くのMVNOがドコモの回線を利用しているため、ドコモのスマホまたはSIMフリーのスマホを持っているなら、端末はそのままで多くの格安SIMが使えます。
また、格安スマホも続々登場してきているので、そちらを選択するのもありでしょう。
スマートフォンを準備する

(最終更新日 2016年12月)

↑ PAGE TOP