格安スマホと格安SIMの比較情報サイト SIMフリーナビ

格安SIMとは?

SIMカードについて

スマートフォンやタブレットなど、携帯電話会社と契約している機器にはSIMカードが内蔵されています。
これは電話番号を特定するための固有のID番号が記録されたICカードで、これが無いと通話ができませんし、Wi-Fiが無い環境ではインターネットもできません。
また、SIMカードを抜き差しすることで、電話番号を他の携帯電話機に移したり、ひとつの携帯電話端末で複数の電話番号を切替えて使用したりすることができます。

SIMカード日本の場合、携帯電話は3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)で契約している場合がほとんどだと思いますが、これら大手の通信料金は概ね高額です。
特に最近は、ほとんど通話をしない場合でも定額プランへの加入が必須となりますから、スマートフォンを利用するには最低でも月に7,000円程度はかかることになります。

格安SIMとは

これに対して、特に通話が少ない場合は、通信料金を月に1,000円程度におさえられるのが、格安SIMです。
格安SIMとは、大手携帯電話会社ではなく、プロバイダーなどの通信事業者や家電量販店など、さまざまな事業者(MVNO)が販売しているLTE/3G通信サービスのこと。
サービスを申し込んで入手するSIMカードを、対応しているスマホやタブレットに挿すと、携帯電話会社と同様にLTE/3Gで通信できるようになります。

例えばあなたが今、3大キャリアで新型スマホを実質負担金40,000円の分割払いで契約したばかりだったとします。
キャリアの場合2年しばりがほとんどですから、今後2年間に支払う金額は、通話料が7,000円×24=168,000円。
これに端末代40,000円を足して、2年間の総支払額は①208,000円になります。
これを解約してMVNOに乗り替えた場合はどうなるでしょう?
キャリアの違約金が9,975円、端末の残債が40,000円で計約50,000円。
MVNOがスマホセットで月に3,000円かかるとして、2年間の通話料の合計は72,000円です。
つまり、50,000円+72,000円=②122,000円。これが2年間の総支払額です。
どうですか?2年間の総支払額を比べると①-②=86,000円も安い計算になります。
上記は差額が大きくなる例ですが、キャリア契約で端末代が0円だったとしても、2年しばりが終わって違約金が0円だったとしても、通話料の差は圧倒的なので、やはりMVNOの方がおトクということになるのです。

料金が割安なだけでなく、2年間などの契約期間の縛りが無いことが多いのも特長です。
このように、自分のスマホで、割安な事業者のサービスを自由に選べるサービスというわけです。

なお、格安SIMはNTTドコモの通信網を間借りしてサービスを実現しているケースがほとんどのため、通信規格や利用エリアなどがドコモと同じなので使いやすいのですが、データ通信がメインのサービスであるため、音声通話や携帯メールなどのサービスが受けられない場合もあることは注意が必要です。

(最終更新日 2016年12月)

↑ PAGE TOP