格安スマホと格安SIMの比較情報サイト SIMフリーナビ

格安スマホ・格安SIMとは

SIMフリーSIMカードってご存知ですか?
スマホの中に入っている、通話やデータ通信をするためのICチップのことです。
これはドコモやau、ソフトバンクなどの携帯電話会社でスマホを契約すると、その回線に繋がるようにセットされているものですが、格安SIMというのは、その3キャリアとは別の、安価な回線業者(MVNO)が発行しているSIMカード(LTE/3G通信サービス)のことです。
ちなみに格安スマホというのはMVNOが格安SIMとセットで販売しているSIMフリーのスマートフォンのことです。

SIMフリーとは

それではSIMフリーとは何でしょうか?
簡単に言うと、それはどの電話会社のSIMカードでも使える携帯電話機のことを指します。
ちなみに格安スマホは複数のMVNOから販売されているため、どこのMVNOで契約するか、どの通信プランで契約するかによって支払い総額はかなり変わってきます。
データ通信を定額無制限で使用したいという場合もあるでしょう。
中にはAmazonなどで単品で購入できるSIMフリースマホもあるので、スマホと回線を別契約で購入するというパターンもありうるのです。
一方、白ロムというスマホもあります。
これはドコモなどで販売された端末からSIMカードを抜いて転売された端末のことを言い、ドコモのスマホならドコモ系の格安SIMを入れて使うことができます。
つまり、格安SIMを使うにはSIMフリースマホかドコモの白ロム端末があればOKということです。
格安スマホをよりお得に契約したいなら、それぞれのプランを比較して検討しましょう。

格安SIMはなぜお得なのか

SIMフリー3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)でスマホを契約している場合、現在はパケット定額サービス(データ通信料が一定のサービス)への加入が必須ですが、そのせいで月々の通信費は6,000円以上かかるのが普通です。
これと比較して格安SIMは、データ通信料がかなり安くなっているため、通話が少ない場合は、通信料金を月に1,000円程度におさえられるのが特徴です。
スマホユーザーが利用する月間データ使用量は、ほとんどの人が3GB以内であると言われています。
格安SIMにも契約するデータ容量によって料金の幅はありますが、月に3GBのプランを見てみると、1,000円以下のデータプランがほとんどです。
音声通話対応プランの場合でも、基本料金1,600円+通話分の課金が30秒21.6円で利用できますから、通話が少なければほぼ月2,000円前後でスマホが使えることになります。
6,000円が2,000円に。通信費をキャリアの3分の1の金額に抑えられるというわけです。

更新情報・お知らせ

2017/01/16
プライバシー・ポリシー(個人情報保護方針)修正
2017/01/14
格安スマホ主要機種データ通信プラン音声通話対応プランページの情報更新
2017/01/13
ホームページリニューアル
2016/11/26
プライバシー・ポリシー(個人情報保護方針)修正
2016/10/20
ホームページリニューアル

↑ PAGE TOP